little by little

毎日のちょっとを かさねて わたしになっていく。今日のわたしは どんなふう?

冷えとり、はじめました。

最後の更新から 1年が経ちました。

おひさしぶりです。

「1年になるのかぁ...」をきっかけに

また すこしずつ 書いていけたらと思っています。

 

この365日とすこしの間に あたらしく はじめたことがあります。

それは 冷えとり靴下を履きはじめたことと、

お白湯を飲むようになったこと。

 

3月の終わりごろから はじめたことなので、

まだ 2ヶ月ほどなのですけどね。

 

どちらも〈 体をあたためる 〉ことなのですが、

「冷えを解消したい」と願って、

意識的にはじめたことではありませんでした。

それが共通していることにも 気づいていませんでした。

 

どちらも 以前から興味をもっていましたが、

そこまでで、

はじめてみることは ありませんでした。

 

それなのに 今回

ほんとうに なんとなーく  ふんわーりと

自然にスタートしはじめました。

じぶんでも不思議です。

 

でも はじめてみると、

かさねた靴下の 包まれるような履きごこち

 

お白湯のやわらかい口当たりや

飲むと おなかの中が温かくなっていく感じなどが

とても ここちよい(o˘◡˘o)

 

今では せっかくなのでと

お風呂で本を読みながら 半身浴もしています。

 

お白湯について知りたいと思って読んだ本にあったのですが、

体が冷えると こころも冷えるそうです。

そして 冷えきると気もちが動かなくなるらしいのです。

 

「どうして やる気がでないんだろう」と

くりかえし思っていた わたしの背中をツンツンとして

教えてくれたのではないのかなぁ...と思っているのです。

わたしをそばで守ってくれているひとたちが。

(わたしは そういうことは あるんじゃないかな...と すこし信じています)

 

そうじゃないと あの自然な感じの はじまりかたはなぁ... と思うのです。

 

どくだみを煎じてお茶にしていた、おばあちゃんかも。

「ともちゃん、体 温めてみ (..◜ᴗ◝..) 」って。

 

お白湯を飲みはじめたことで、

きっと こころも動き出してくれたのだと思います。

靴下とお白湯からもらえる ここちよさが嬉しくて、

ほかのことへの やる気も出てきました。

 

f:id:runkona:20170620084050j:plain

 

体を温めることは わたしにとって

とても ここちよいことだと知りました。 

これからも 続けていきたいと思っています (^-^)